「円,真は僧侶のように見えるが、彼は実は謝遜の師匠で、。混元落雷手である成昆だ!
姚伯当が殴られたのを見て、彼の部下。が持ってきた秦家寨の二十数人が激怒して、それぞれナイフを持って上に上がって、夜の夜明けに混乱した刃を死体に分けよう,とした!

夜未明の「二点間の直線距離が一番近い」という昔から数学的に理にかなっていない前進ルートを見て、そのチームの中で、一人の武当プレイヤ。ーが思わず口を大きく開いた「あいつの構えを見て、血の道を切り出して、直,接村に飛び込んで李彪を殺そうとしたのではないか」と驚いた声で言った。
この少年が入ってきたのを見て、妄言は突然目が明るくなって、すぐに立ち上がって「華山妄言、鹿鼎公に会った,」。と言った。


    二人は初めて会った時から、あまり調和していな。い敵対関係にあった。その後の数回の接触の中でこの関係は改善されたが、敵でも友でもあるとしか言えず、競争相手で,もある。林平之が言葉,が出ないのを見て、余滄海の顔には「神捕司が事件を断ったのは、ただの黄口小児語のでたらめな指摘だっ。た」と自慢の笑顔が現れた。

    ベルトベルト

    

    観客a: 「これはどうしたのか、試合はもう始まった。彼らはどうしてやらないのか?」,と言いま。した「阿明、私たちは巴天石を護衛して大理に戻った後、すでに経験と修理を奨励されているが、私の報酬は彼ら2人よりもっと多い。経験と修業のほか、巴天石は私に軽功秘籍を送ってくれ。た!】 --, 3月

    これまでの「料理の心得」と「医療の心得」を考えると、夜未,明の心の底に大胆な考えが。現れた。
    だから、今,の当面の急務は、第8級の。料理で作られた食べ物と以前との違いを試してみることだ。

    夜。未明に姿を見て反対側の非魚と目を交換し、二人と一緒に一歩前に進み、臨時隊長に選出された三月と並んで立って、三人と一緒,に暗黙の了解があるようだそれぞれ自分の身分トークンを取り出し、いつもチャンスを探して表現したい非魚は「神捕司が公務を執行し、散り散りになった人などは自分で退避してください」と口を開いた。
    「いやだよ、細か。いことは気にしないで」小橋は夜未明の奇,異な注目に大きな赤い顔をして、すぐに話題を移した。「この二人のbossはもうあなたに殺された彼らが何か爆発したのを見ないのか?」と言いました